• アクセス
  • 当院について

予防とメインテナンス

浜野歯科では、むし歯予防と歯周病予防を最重要課題と考え、スタッフ一丸となって予防に取り組んでいます。予防は、歯科医師だけががんばっても、衛生士だけががんばっても、だめなのです。歯科医院全体での取り組がない限り、予防は絵空事になってしまいます。また、患者様ご自身の気持ちも大切です。お任せしておけば大丈夫では無理です。患者様と歯科医院のスタッフ全員が歯を守ろう、むし歯を作らないようにしようという気持ちになって協力していけば予防は可能になります。また、悪くなりそうなお口、悪くなってしまったお口を健康な状態にし、その良くなった状態をいかに長く続けるかも大切です。

image

「早期発見、早期治療」が大切といわれています。
そのとおりですが、早期発見では、悪くなっているのです。
悪くしないということが重要なのです。

あまり歯を磨かないのにむし歯にならない人がいらっしゃいます。なぜでしょうか。すばらしい唾液を持っているのです。ただし、このような方は、必ず歯周病になっています。反対に、一日に何度も歯を磨いているにもかかわらず、むし歯になる方がいらっしゃいます。なぜでしょうか。こういった方に良く見られるのが、唾液の量が少ない、緩衝能が低いということです。むし歯や歯周病は患者様の唾液の状態、プラークコントロールの状態、ライフスタイル、嗜好品、喫煙、その他にも色々あるリスクファクターが絡み合って発病します。当院では、皆様のお口を守っていくためにお口のデーターをとらせていただきます。唾液検査も行っています。皆様が病気になって病院に行ったら必ずといっていいほど検査を受けます。その時の体の状態を知るためには必要なことだと思います。同じように、歯を守るためには、唾液検査が必要だと考えています。むし歯予防、歯周病予防と歯周病治療は、できるだけ多くのリスクファクターを見つけ出し、それらを改善していくことによって可能になると考えています。したがって、歯磨き指導だけで予防をおこうことは困難だと思います。

メインテナンス

むし歯、歯周病予防で重要なウエートを占めるのがメインテナンスです。定期的に衛生士のチェックを受けていただき、磨き残しが増えていたり、歯石がついていたりしたら、お教えして、再度、ブラッシングの指導や歯石を取り除きます。できる限り悪くならないようにするのです。患者様で、「以前に歯磨きは教わりました」と、おっしゃる方がいらっしゃいます。一度ブラッシング指導を受けたからといって、完璧に磨ける方はいらっしゃいません。どんなにまじめに磨いていても、磨き残しは必ずあるのです。歯磨きの癖が出てくるのです。同じ箇所が磨き残しになるのです。そして、そこが悪くなっていくのです。本人は、ほとんど気づきません。ちゃんと磨いているつもりなのですから。だから、プロのチェックが必要になるのです。

image

悪くなってからでは遅いのです。

と、書いてきたのですが、このように考えるようになったのも、山形県酒田市で開業していらっしゃる熊谷崇先生とお会いできたからです。お会いする以前は、浜野歯科でもむし歯予防はやっていたつもりでした。でも、熊谷先生の診療所のデーターや予防システムを見て愕然としました。浜野歯科の足りないところを見せ付けられた気がしました。「予防を目指すなら熊谷先生を目指せ」と、スタッフと一緒に走りだしたのでした。
歯周病に関しては、非常勤衛生士の石原さんのご指導のおかげでかなりのレベルに達していると自負しています。
今後も、慢心することなく、いろんな分野の先生方のご指導を仰ぎながらレベルアップを図っていくつもりです。

pagetop